介護認定と基準のことなら[アイラブカイゴ]

介護認定 基準  有料老人ホームの登録  相互リンク募集

介護認定と基準情報ならアライブカイゴ                      介護伝票

介護認定 基準   グループホーム   老人ホーム   有料老人ホーム   ケアハウス   介護老人保健施設   特別養護老人ホーム

アライブカイゴは介護認定と基準の情報サイトです。


有料老人ホーム情報と介護のコンテンツの充実に努めています。
有料老人ホームへの入居を考えている方は、健康型の場合はあまり関係ありませんが 介護サービスを利用して特別養護老人ホームへの入居を検討している場合は、介護認定が必要です。

有料老人ホームの見学
ではご自身が思い描く生活ができるかどうかサービス内容を確認しましょう
入居してからのサービス内容や契約内容でのトラブルは避けたいものです。


有料老人ホームの費用
有料老人ホームに入居後に病院に入院する必要がある場合は入院費用と有料老人ホームの管理費用の二重で支払いが必要とます。

有料老人ホームへの入居
ホームへの入居には入居金が必要です。費用は施設によりさまざまですが0円〜数億円まで幅広くあり介護付き老人ホームでは、1000万円以下の価格帯が多くあります。その他に有料老人ホームでは月々15〜20万円程度の生活費が必要です。

介護認定 基準の人員配置について
有料老人ホームでは、高齢者の介護について知識、経験を有する者が施設長として配置されるよう基準があります。一部例外はありますが、施設長は常勤専従であること。 介護職員について、一般型特定施設の場合では、1人以上は常勤であることや常に1人以上の介護職員が確保されている必要があります。

●高齢者向けの住まい

・有料老人ホーム
10名以上の高齢者を入居させ、食事の提供や日常生活で必要なサービスを提供する民間施設。

・シニア住宅
家賃支払い方式を採用した高齢者世帯向けの住宅。

・高齢者向け優良賃貸住宅
低額な家賃で入居でき、バリアフリーなどに対応した民間高齢者向け賃貸住宅。

・ケアハウス
健康で明るい生活が送れるよう、自宅では生活困難な高齢者が入居できる施設。

・グループホーム
痴呆性高齢者が共同生活を送れる小規模な住宅施設。

・特別養護老人ホーム
介護保険制度で介護の必要がある判定の出た人(介護認定)が利用できる老人福祉施設。介護認定されるには基準がありますので、基準により要支援〜要介護度5までの基準で介護サービスを利用できます。


●介護認定のしくみ

介護が必要な場合には、介護保険の申請を行いましょう。申請を行うことで介護が必要な方の体の機能や状態について調査が行われます。必要な介護の状態によって経過的要介護や要介護度1〜5の段階が認定されます。認定は介護保険事務所によって認定されます。介護度の審査については、保険や福祉、医療の専門家や経験者が介護認定審査会によって審査されます。 認定までの流れは、訪問調査からはじまり、一次判定、二次判定、要介護度の認定と進みます。調査員は介護保険事務所の担当職員か介護支援専門員(ケアマネージャー)です。






有料老人ホームを探すにはこちら



「アライブカイゴ」コンテンツ

有料老人ホーム一覧
入居体験とは
ホームにもいろいろあります
介護付有料老人ホーム?
終身利用権型とは
有料老人ホームの事業主体
医療の体制の確認
入居一時金とは
終身介護を考えよう!

copywright (c) 2009 介護認定 基準のことならアライブカイゴ All Right Reserved.
有料介護老人ホーム